日本脳神経外科・脊髄外科認定医、アメリカ神経内科専門医が迅速に診断、治療に努めます

電話でのご予約・お問い合わせ TEL.042-316-1518
〒184-0002 東京都小金井市梶野町5丁目11-5 パピスプラザ1F
メディカルモールひがこ

歩きにくい

人間の歩行には体のたくさんの部位が関与します。
1. 大脳高次機能 2. 脳脊髄の感覚路・運動路 3. 運動器からの神経・運動器への神経 4. 運動器(筋肉・骨・関節など) 5. 錐体外路系(運動路の調節) 6. 内耳・前庭・小脳系(平衡機能) 歩きにくい

です。以上のどこがおかしくなっても歩きにくなります。障害の部位により特徴的な歩き方になります。ぶんまわし歩行(脳卒中)、幅広歩行(小脳症状)、小刻み歩行(錐体外路)、間欠跛行(腰椎病変)、たれ足歩行(末梢神経)、動揺性歩行(筋疾患)などです。 症状にあわせて系統的に診察、検査を進める必要があります。

↑ PAGE TOP