日本脳神経外科・脊髄外科認定医、アメリカ神経内科専門医が迅速に診断、治療に努めます

電話でのご予約・お問い合わせ TEL.042-316-1518
〒184-0002 東京都小金井市梶野町5丁目11-5 パピスプラザ1F
メディカルモールひがこ

物が2重にみえる、視野がかける

物が2重にみえる、視野がかける

物が2重にみえる
まず、片目で見ても物が二重に見える単眼性複視と、片目づつでは一つに見えるのに両目で見たら二重に見える両眼性複視があります。単眼性複視では眼そのものに問題があり、両眼性複視は眼球を動かす機能に問題があると考えられます。眼球は6個の外眼筋でそれそれの方向に動かされていますが、両眼が協調して動いてくれるので、見ている物が一つに見えています。どちらか片方、あるいは両側の外眼筋のどれかに問題が生じれば物が2重に見えてしまいます。 外眼筋は脳からの指令で動いていますので、大脳、脳幹、脳神経、筋肉のどこかに問題があるということになります。症状の出方や程度、随伴する症状を考慮し、眼科検査、脳MRI,などの検査が必要になります。
視野がかける
視野の異常は大きく分けて狭窄、半盲、暗点があります。狭窄とは視野の広さが狭くなるもので,視野全体が狭くなる求心狭窄と視野の一部分が不規則な形で狭くなる不規則狭窄とがあります。視野の右半分や左半分が見えなくなるのが半盲,視野の中に見えない部分があるものを暗点といいます。これらの異常は、眼球のスクリーンの役割をする網膜,網膜からの信号を大脳に伝える視神経、視神経から視覚中枢である後頭葉への脳内経路(視覚路)、後頭葉の障害や眼圧の異常をきたす緑内障などで起きてきます。 特に両目の同じ側の視野障害は同名半盲と呼ばれ脳内病気によってひき起こされることが多く、迅速な診断が必要です。

↑ PAGE TOP