日本脳神経外科・脊髄外科認定医、アメリカ神経内科専門医が迅速に診断、治療に努めます

電話でのご予約・お問い合わせ TEL.042-316-1518
〒184-0002 東京都小金井市梶野町5丁目11-5 パピスプラザ1F
メディカルモールひがこ

めまい

めまいは、症状が劇的で吐き気や嘔吐を伴うことが多いため、症状による不快感に加え脳の病気が原因ではないかという不安感からとても怖がられる症状です。めまいの原因を耳の病気から起きるもの、脳の病気からおこるもの、それ以外の原因に分けて代表的な病気を述べてみたいとおもいます。 めまい
耳の病気から起きるもの
  • 良性発作性頭位めまい
    最も多いめまいのタイプで、原因は、耳石が3半器官に迷入することが考えられています。頭の向きを変えたり、起きたり、座ったりと姿勢を変えたときに回転性のめまいがおきます。1回のめまいは短く数十秒程度ですが、動くたびにめまいを繰り返します。耳石が半器官から出てしまえば、めまいは消失します。そのため、耳石を半器官から出すために特別な体操(Epley法)もあります。
  
  • メニエル病
    内耳を満たす内リンパ液の過剰で内耳の働きが悪くなり、回転性のめまい、耳閉塞感、難聴、耳鳴りの発作を繰り返します。治療は利尿剤やステロイドが使われますが完治が難しい病気です。
 
  • 前庭神経炎症
    ウイルス感染が原因と考えられており、風邪を引いたあとなどに発症することが多いようです。回転性のめまいが数日持続しますが、難聴や耳鳴りが無ありません。めまいの持続が長いのが特徴です。精神安定剤、制吐剤、抗めまい剤などを使用します。

脳の病気からおこるもの
  • 脳卒中
    脳梗塞と脳出血あわせて脳卒中とよびます。 脳幹部や小脳の、脳卒中の場合はめまいが主な症状になることがあります。ほとんどの場合は、めまい以外に言葉がうまくしゃべれない、顔が曲がる、手足が動きにくい、手足がしびれるなどの運動感覚障害を伴います。突然、上記のような症状がでれば、脳卒中を積極的に疑いますので、すぐに救急車を要請してください。
  
  • 椎骨脳底動脈血流不全
    平衡機能に関連の深い脳幹部や小脳に血液を送る血管が椎骨?脳底動脈と名づけられています。いつも首を同じ方向に回転させたときなどに、血管が圧迫され循環不全でめまいを生じます。
 
  • 脳腫瘍
    小脳、脳幹部に腫瘍があればめまいが主症状のことがあります。この部位にできやすい腫瘍は聴神経腫瘍、髄膜種、類上皮腫、神経膠腫などがあります。

それ以外の原因
  • 頸椎症
    首の骨(頸椎)の配列が悪くなった状態です。肩こりや後頸部のはりだけでなく、動くときにふわふわした浮遊感を感じることがあります。頸椎の変形が進行し脊髄や神経根が圧迫されれば、手足のしびれや運動障害を起こします。
  
  • 貧血
    酸素を運ぶ赤血球が少ない状態を貧血と呼びます。強い貧血があると脳にいく血液が足りなくなって、めまいを起こすことがあります。
 
  • 不整脈・心不全
    心臓が規則ただしく拍動しない不整脈や、心臓のポンプとしての働きが悪い状態の心不全でも貧血同様に脳にいく血液が足りなくなって、めまいを起こすことがあります。
 
  • 自律神経障害
    せき、くしゃみ、排尿、排便、多量の食事後など、急に血圧が下がってしまうような状況でめまいを起こすことがあります。

↑ PAGE TOP